VIO脱毛をエステでする時って恥ずかしい?

VIO脱毛、施術時のかっこうは・・・

大抵のサロンでは、『紙パンツ』を用意しています。
一応、『紙ショーツに履き替えての施術』がスタンダードなのですが、実は、『履かない』人もたくさんいます。
ショーツ

 

紙ショーツを履かない理由

脱毛にジェルを使うため、べた付きが気になることが1点め。
ショーツのデザインがTバックみたいな覆う面積が少ない事が2点め。
そして、施術中に紙ショーツをずらしながら光を当てて行くので、それも結構恥ずかしい・・・
それならいっそ、ナシで!
と、潔い方が多いそうです。

 

施術室に女性スタッフ以外が入ることはありません。
そして、脱毛中は光から目を守るために目隠しをしているため、スタッフと目が合うなんてこともなく、気まずい思いもしませんよ。
大丈夫

 

履いていても、もちろんOK

やっぱり最初は恥ずかしい・・・
なので、1回目の時はとりあえず履いて脱毛し、様子を見て2回目からは変更でも大丈夫です。

 

Vラインだけなら履いててOK

ショーツが邪魔になってくるのは、IラインやOライン。
Vライン脱毛だけであれば、パンツを少しずらすだけなので、履いていた方が恥ずかしくないと思います。
もじもじ

 

全身脱毛だと全裸のことも

脱毛サロンでは、子供の水泳用巻きタオルみたいなガウンやキャミソールが施術着として用意されています。

 

でも、全身脱毛の場合、衣類は邪魔になるため、何も着ないで全裸で脱毛するサロンもあります。
その場合、施術していない部位はタオルをかけて隠します。
寝返りをうつ時も、スタッフから見えない向きでタオルでカバーしながら寝返るので、ずっと裸を見られているわけではありません。
巻きタオル