要注意!エステで脱毛できないタイミング

予約しても脱毛できないことがあります

エステでは特定の部位の脱毛コースに加え、全身脱毛も取り扱っているところが多いようです。
トータルで脱毛計画を立てて処理を行っていくことができるため便利な選択肢です。
ただ、全身脱毛といってもすべての箇所というわけにはいかず、また処理出来ないタイミングもあります

 

生理中はNG

問題なのはデリケートゾーン
生理中には皮膚が敏感な状態になっているため、デリケートゾーンの脱毛は不可としているエステがほとんどです。
アンダーヘアだけでなくお尻の周りのムダ毛も基本的にNGです。
ただし、ワキや腕、足、背中などはできるので、全身脱毛を分けて脱毛できるかスタッフに確認しましょう。

 

妊娠中はNG

エステでの光脱毛の場合、胎児への影響はないと言われていますが、妊娠中はホルモンバランスが変化するため、脱毛の正しい効果が得られないと考えられています。
また、皮膚も敏感になっている場合があるので、肌トラブルを避けるためにもNGです。

 

日焼け中はNG

日焼けしている場合も施術が出来ないので注意しましょう。
たとえば海水浴やプールで日焼けした、日焼けサロンで焼いた直後は処理ができないのでそのことを踏まえたうえで遊びに行く計画と脱毛する計画を立てて行きましょう。

 

肌が荒れている時はNG

肌が乾燥したり、湿疹、傷などがある場合も脱毛できません
乾燥しやすい方は、日ごろから保湿ケアをするようにしましょう。
昔できた傷やかさぶたなどは、光が当たらないようにテープで隠して照射することがあります。
しかし、まだ治っていない大きな傷がある場合は、脱毛の予定を取り直した方が良いでしょう。

 

 

カウンセリングの段階でこうした点を相談しておかないと途中でキャンセルしなければならないなど面倒なことになりかねないので気をつけたいところです。

 

脱毛コースから外れている場所もあります

全身脱毛と言っても、本当に全身の毛が脱毛できるわけではありません。
エステサロンによりますが、できない部位もあるので注意が必要です。

 

多くのエステで不可となっているのは額と目の周り
目の周りは皮膚が薄く、フラッシュ脱毛の使用が適さないのが理由です。

 

出来ない箇所については各エステの全身脱毛コースによって異なってくるので事前によく確認しておきましょう。