レーザー脱毛の危険性は?

医療レーザーは効果が強いけど・・・

全身脱毛を検討する場合、医療レーザー脱毛も候補にあがります。

 

レーザー脱毛は美容外科などで施術を受けることができ、医師が直接、レーザー機器を取り扱い、脱毛を行いますので、効果が高いと言われていますが、危険はないのでしょうか。

 

実は、レーザー脱毛は毛を抜くことのみに特化した施術になりますので、肌に大きな負担がかかりやすいと言われています。

 

高出力のレーザー光によって、やけど様の皮膚のただれが生じたり、ショット時に強い痛みを感じる事もあります。
お手入れ後に肌を見せられなくなったと悩む方も続出です。
施術に伴う危険性が全くないわけではなさそうです。

 

痛みどめの処方があるけど……?

ナース画像

レーザー脱毛の場合、痛みを強く感じるお手入れだとされているので、局所麻酔クリームを塗ってお手入れをすることがあります。
ですが麻酔が切れたお手入れ後に、強い痛みや灼熱感がぶり返すこともあるようです。

 

お手入れ後に飲む鎮痛剤の処方もありますが、痛みがなかなか引かないという体験談もありました。
また、肌のただれが、治りにくくて困ったという口コミ意見もありました。

 

医療脱毛は、万が一肌にトラブルが起きた時に対処してもらえる安心感はありますが、治療に近い感覚であることに注意した方が良さそうです。

 

時間はかかるけど、光脱毛が一番

このように効果は高いけど、危険も大きいとされるレーザー脱毛。
費用も高額なのでためらう方も多いようです。

 

回数を重ねないとなかなかキレイにならないデメリットがありますが、光脱毛が肌に負担をかけない一番の脱毛法なのかもしれません。
エステ脱毛でも、医療機関と提携して、万が一何らかのトラブルが起こったときは対応してもらえるサロンも増えています。
体験コースなら価格も安く受けられるので、まずはエステの光脱毛を試して、効果に満足できなければ医療レーザー脱毛を検討するのでも遅くはないでしょう。